『家は3回建てないと…』は本当だと思った

我が家は5年程前に戸建てを新築しました。

当時まだ20代で貯えもあまりなかったのですが、二人の子供も大きくなり、当時住んでいた賃貸マンションはファミリー層があまりおらず、騒音など色々と気を使わないで生活したいと言うことで戸建て購入に踏み切りました。

予算はあまりないとは言え、それでもマイホームに対する希望は私も妻も沢山あり、ハウスメーカーとの打ち合わせもかなりの時間をかけて進めました。

ひと通り決めたところで見積額を出してもらうと、予算オーバー。ま

ぁ色々と好きな事言いながら決めていたので当たり前と言えば当たり前ですが…。

ここから費用を抑えるために削る作業が始まりました。

なんとなく勢いで決めたオプションの仕様をやめてみたり、窓のサイズや仕様を変更したりして削って行きましたがその差は微々たるもので、メーカー担当者も、きっと『コイツらどこまでケチるつもりだ…』と思っていたのではと思います。

最終的には『後は面積減らして施工費用を抑えるしかないですね〜』と。

マイホーム建築に当たっての最大の夢であった、家庭菜園&庭でバーベキューと言う条件を確保するために庭を広く取るつもりだったので、最初から建物自体はコンパクトにしたいと考えていました。

家族みんなで間取り図とにらめっこしながら、部屋の広さはあまり変えずにレイアウトを変えて、無駄な廊下部分などを削りました。

それで結果的には施工費用はかなり抑えられ、我が家を見た知人にも、『この間取でその価格?』と言われるような価格で建てました。

そして住み始めました。色々熟慮しただけあって快適!と初めは思いましたが、住み続けるに連れ問題が…。

子供達が大きくなるに連れ、それぞれの荷物が増えてきたのですが、それを入れる収納が少ない…。

間取りを効率よく配置しすぎて、ちょっとした収納スペースとかが一切無くなってしまいました。

各部屋には相応の収納スペースはあるのですが、ちょっとした物をしまっておく納戸の様なスペースが何もないのです。

実際最近家を建てた姉夫婦の家を見ると、各部屋の大きさはほぼ変わらないのですが、廊下やユーティリティ周りの収納が充実。

もちろんその分建て坪は我が家よりも少し広いのですが、費用対効果は抜群。

費用を削る事に集中し過ぎて、先の事が読めませんでした…。

後から収納家具を置いたら部屋も狭くなるし。

もちろん予算オーバーさせるとキリがないし、庭を広くしたいと言うのは絶対条件べあったので仕方ない部分でもありますが、後から変更しにくい間取りは、もっと考えて決めれば良かったな〜と思いました。

建てる時は完璧な計画だ!なんて思っていたのですが…。それでも色々工夫して楽しく住んでいますけどね!

きっと私たちよりもしっかり計画して建てた人でも、もしまた建てるなら…と思うところは必ずあると思いますが、それを色々と考えながら暮らすのも楽しみの一つかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です