東京で始めた一人暮らしは女性専用アパートに決めた

わたしは、20代の独身の女性です。

地方から東京に転職することになりました。

今までは、外資系のホテルでフロント勤務をしていました。

外資系ということもあり、夜勤が続き、不規則な生活のリズムで体調を壊してしました。

接客業から9時から5時の事務職の仕事を探しました。

わたしは、長く働きたいと思ったので事務職でも経理や総務の専門的な仕事を探しました。

未経験者でも、採用してくれるところは都内でした。

地方は、仕事自体が少ないし、経理の未経験者の求人は見つかりませんでした。

そして、決まったのがシステム開発業の経理担当でした。

採用されたときは、うれしかったですが右も左もわからない土地勘のない女子の初めての1人暮らしです。

わたしは、高校のときの友達が都内で働いているのでその友達を頼りに、近い場所でアパートを見つけようとしました。

そして、できるだけ治安のよい場所がいいなと思ったのです。

とりあえず、治安のよさそうな友達と同じ線路沿いの駅を見つけました。

それから、物件探しです。

物件探しの優先順位は、駅から徒歩10分くらい、女子なので夜道を歩いても安全そうなところ、明るいところ、電灯がたくさんあるところ、家賃が予算内であるかどうかです。

それを駅近くの不動産屋さんに伝えると、ちょうどいい条件のアパートを紹介してくれました。

女性限定のアパートです。

一緒に行ってみると、駅から徒歩10分くらいだし、建物のも白い洋風のかわいいアパートでした。

ただ、玄関は共同玄関でした。

その中にはいると、廊下がありそれぞれの部屋になっています。

初めての1人暮らしならちょうどよいかなと思いました。

それから、そのアパートに住み始めると2階だったのですごく日当たりも良いのです。

土日休みなので、天気の良い日はベランダに布団を干していました。

収納スペースは、家賃の割には広い方かなと思いました。

しかし、洗濯機はベランダだったので残念でした。

雨の日は、洗濯するのに大変です。

新宿から近い場所に住んでいたのと家賃の都合上、洗濯機は外に置いてあるアパートがほとんどなのです。

あとは、外から見た感じは新しく見えたのですが大きなゴキブリがたびたびでてくるのです。

寝ようと明かりを消すと、ごそごそと動き出しわたしは、急いで明かりをつけてスプレーでやっつけました。

でも、うまく逃げていくゴキブリもいるんですよね。

隣に部屋に移動して、隣の住人がキャーキャー大声で叫んでいるのが聞こえてきました。

初めての1人暮らしは、いろいろ経験できて楽しかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です